社長のひとりごと

不定期(そのうち定期的)に更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

良質サービスの安定供給

7月も後半に差し掛かり、真夏到来となりました。
この季節、私たち害虫駆除業者にとって年に一番辛い時期になりました。

今月初旬に、社員研修旅行で3日間北海道に行ってまいりました。
北海道も非常に日差しが強く、真夏日で30度を超える暑さでしたが、
東京に比べ湿度が低いので心地よい暑さで過ごしやすかったです。

なかなかこういう機会がないと社員ひとりひとりと話す機会がないので、
全員と話そうと心がけ、有意義な時間が過ごせました。

現在弊社では下は19歳、上は65歳と様々な世代の社員が共に働いています。
そして全国で仕事をしているため、月に一度しか全員集まることはありません。
ですので、東京以外での仕事への取り組み方、お客様への対応、サービスなどは、
私が直接見ていないため不安要素の一つでもあります。

先日こういうことがありました。

某有名寿司チェーン店に行き、注文したところ、女性店員が無愛想で不親切なところがありました。
入店時から異臭は気づいてましたがすぐ消えるだろうと思ってました。
トイレからか下水からの臭いです。
最初一品が来て食べ始めると、益々臭いはひどくなり、気持ちが悪くなり
食べるのをやめました。そして限界になったので臭いの件を店員に伝えました。
店員自身も分かっているようで申し訳なさそうに謝ります。
最初に手をつけた料理だけ払うと言い、席を立ちました。
店員はしっかりお代を受け取り、申し訳ありませんと一言言いました。

ここで思ったことは、

1、飲食業であるならば最も注意すべき衛生面でのクレームがあったのにもかかわらず、且つ
  お客様が満足してないのに料金を受け取ったこと。この店員がもし社長なりオーナーであっても
  同じように料金を受け取るのか?

2、このお店に来るのが初めてだった場合、関東地方を中心に数十店舗ある全ての店舗が
  同じ評価になってしまうので、なぜ店を一時閉めるなどの対応をしないのか?

3、他店舗にもよく行くのですが、そこは非常に愛想良い店です。なぜ店舗ごとのサービスの格差をなくさないのか?
  なぜ店員の教育を徹底しないのか?

永く続くお店には絶対のものがあり、それは良品質の安定供給ということです。
一時的には流行りやメディアによって繁盛するでしょうが、それはお客様にとって何の利益にもなりません。
いつもと変わらない質で、永く続けることがお客様にとっては安心だと思います。
1店舗の質が悪いだけで他の数十店舗まで同じように評価されてしまうのは非常に
残念だと思いました。

今回の件で、弊社に依頼される全てのお客様に良質のサービスの徹底をもう一度、次回の
全体会議で再確認しようと感じました。




スポンサーサイト

PageTop

10年目

2014年2月より弊社も10年目に突入します。

当初は2人でスタートしました。
苦労してここまでやってきたみたいな話は多いのですが、
私は意外と楽だったなぁ~というのが本音です。
そもそも私は実力も無ければ学も無い関西の田舎から
上京した人間です。
身の丈に合った商売だけを目指してきました。
ただ少しだけ運がいいのかな~と思ってます。

以前もブログに書きましたが数年前から

自分に正直に、作らず、ありのままで

と、全てに心がけています。

先日、高校時代の恩師より直筆の座右の銘を頂きました。

「直心是道也」

正直な心、素直な心は人生の道である。

長納憲二先生という方で最年少で剣道八段になられました。
私の人生で、これまでもそしてこれからも、会話するのに
一番緊張する方です。

私はもう二十年以上剣道からは離れていますが、
道は違えど指導者や組織のトップになる人間の最終目標は
これではないかと改めて実感しました。


十年目という節目の2014年
グループ全社全社員一丸となってお客様に誠実に


遅くなりましたが本年も宜しくお願い致します。

PageTop

お金持ち日本神話の崩壊

今年二回オーストラリアへ仕事で行きました。

カンタス航空というオーストラリアの航空会社です。
搭乗客の割合は日本人、オーストラリア人半々。
しかし、ファーストクラス、ビジネスクラスは90%以上がオーストラリア人。
なんとも驚きの光景でした。

シドニー空港に到着し乗り継ぎ合間にハンバーガーでも。
二人でセットを2つ注文、日本円にしてなんと二千円。

ペットボトルの水が一本400円、コーラ一本500円!

今回訪れたA市では最低時給が二千円弱。

米ドルを抜いている豪ドル。
さらに超インフレ国。

海外でバンバンお金を蒔いていた日本人なんて
遠の昔の話ですね。

PageTop

少年老い易く学成り難し

少年老い易く学成り難し

運転中にいきなりこの言葉が浮かんできました。
数日前に高校の恩師と再会したからかも。

私は高校三年間運動部に在籍していたので寮住まいでした。
早朝4時半起床し清掃、朝稽古、寮に帰り朝食を食べ登校してました。
午後からも稽古が始まり夜8時頃寮に戻り、食事、風呂、洗濯、掃除と
就寝は早くて11時、遅いと深夜1時、2時もありました。

自慢できることではありませんが、私は高校の授業中は睡眠の時間でした。
恐らく9割は寝ていたと思います。残りの1割は担任でもあり
再会した恩師の授業でした。
ただ朦朧とし睡魔との闘いだけで授業はほとんど聞いてはいませんでしたが(笑)

卒業後オーストラリアへただ「海外で住んでみたい」という単純な理由で
海を渡りました。当然英語なんて???状態です。
まともにアルファベットすら書けず、現地で聞く英語が英語ともわからない状態でした。
海外に住みたいという理由だけですから、当然勉強する気も全くなく
一年ダラダラと過ぎました。
ちょっと大学へ行ってみようかなっと思い話を聞きに行ったところ
その説明すら理解できませんでした。
そこから人生で一番長く机に向かって勉強しました。
と言っても半年くらいですが・・
そして合格し学生生活が始まったのですが、本来の勉強嫌いを発揮し
見事留年を連発し退学しました。

現在取得したい資格があるのでもう一度机に向かって
勉強してみようかなと思っています。










PageTop

同窓会

先週、二十数年ぶりに同窓会が神戸でありました。

と言うのも、facebookがきっかけで、ほんの2ヶ月弱で高校の同級生が
一人、二人と現れ、あっという間に十数人になり、その人たちが
声をかけ、三十人以上集まりました。

二十年以上ぶりに会ったのに、いっきに高校時代に
タイムスリップしました。
外見は皆、中年ですが、無邪気に写真を撮ったり
本当に素晴らしい時間が過ごせました。
朝の4時まで、旧友と語り明かしました。

その中の一人、陶芸家がいました。
彼は大学を中退し、陶芸の道に飛び込み
独立し、今では独自で窯をもち、立派な陶芸家です。
春は神戸で個展を開き、今月は京都で展示会にも出展したそうです。

その他、家業を継いで、事業を大きくしたり
近々お店をオープンするなど、皆頑張っていました。

本当に英気を養えた時間でした。

そして今月、とうとう40歳になりました。
あっと言う間の40年でした。

Life begins at forty
人生は40歳から始まる

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。